アーユルヴェーダハーブ

アシュワガンダの育て方

ゴツコラに並ぶ浄化のハーブアシュワガンダの育て方

発芽までの日数10-20日程度

種の寿命2年。

水はけの良い用土を用いること水はあまり必要ではありません。

収穫可能まではおよそ半年です。

発芽トレーに種を撒き軽く土壌に抑える手度で構いません

発芽適温は25度前後です。

日がよく当たる場所に発芽トレーを置き乾燥しないように霧吹き

で水を与えます。発芽後は10-15㎝程度になるまで育成し植え

替を行ってください。

ゴツコラ農園のしまのだいち

アエグレ・マルメロス

シヴェア神の木といわれる神聖な樹木。

抗ウイルス・下痢・消化不良・胃痛など主に胃腸に良いとされる。

果実は心臓および脳に良いとされています。

メティー 

非常に栄養価が高く、さまざまな効能があることで、肉を食べれないベジタリアンの栄養補給源として利用され、インドでは古くから漢方薬として利用され、滋養強壮としても使われてきました。さまざまな薬効があるとされています。また種子はfenugreekと呼ばれ、カレーなどのスパイスに使用されます。種子だけでなく葉もさまざまな用途で料理や牧草などに利用されます。

ツボクサ

キバナオウギ(アダプトゲン)

体の気の補填 五臓六腑が若返る。GABAが非常に多く副作用が全くない。多くの抗酸化作用を含みトラウマ,不安,肉体疲労、ストレスへの抵抗能力を高める事が出来る。生理機能を正常化する働きがあり標準値からどの方向にずれが生じても正常に戻す作用がある。体のリセット生まれた時の体への回帰する。ツボクサ(ゴツコラ)に並ぶハーブです。

kibanaougi

ハンシレン

癌の再発防止、がん予防,抗炎症、抗菌、止血、解熱、日本人の三人に一人が癌になるという時代。さまざまな癌に対して効果があることが実証されている。また進行している癌に対しても有効性を示す結果が得られておりがん予防に対しても効果がある為、現代の薬草で最重要のハーブである。

癌の再発防止のハーブ

ゴツコラ(ツボクサ)と並ぶデトックスハーブのシャタバリ

特に女性の為に使われるハーブ、体内の解毒効果。

そのアーユルヴェーダ薬草の中で最も女性の為のハーブとして知られている。また脂肪を増加せずに筋肉をつけ体全体の代謝を上げる効果もあるためにトータルで体をケアできるハーブでもある。体にたまったあらゆる毒素を排出する。妊娠前に体を浄化して子宮を健全な状態に戻し子を携える準備をする。ゴツコラ農園のしまのだいち

グドゥーチー

アレルギー体質のマクロファージ改善、若返りと強壮作用があるとされる。マクロファジーなどの白血球を適正なレベルに維持し正常な免疫機能の維持のサポートをします。

ツボクサ

ホーリーバジル

ストレスホルモンとしてしらているコレチゾールの抑制と呼吸器の改善、副作用が全くないとされる。奇跡の薬草。インドには「家にトゥルシーあれば、病気や不幸はその家に入ることができない」とのいわれがあり長きにわたって愛用されているハーブ。トゥルシー(ホーリーバジル)の仲間にはカプール、ヴァーナ、ラマ等が存在している。その中でも本物と言われインドの古寺に植えられているのはクシュナトゥルーシーよいう種類。結界的な使い方がされる。

ゴツコラ農園の島野大地

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ