モリンガ

モリンガの呼称

モリンガの呼称は地域により幾つかの名称で呼ばれている。ドラムスティック (drumstick:実生がドラムをたたくスティックに似ているので)と呼ばれたり、ケロール木 (kerol tree)とも呼ばれたりしており、それぞれの地域特有の名称で呼ばれることが多いようである。

ナイル峡谷地域では「清める木」という意味のシャガラ・アル・ラウワック (Shagara al Rauwaq) と呼ばれている。 また、パキスタンではソハンジュナ (Sohanjna) と呼ばれ、全土に栽培されている。

コメントする

名前

URL

コメント

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ