ツボクサ

ツボクサ(ゴツコラ)の歴史

Centella asiatica(同義:Hydrocotyle asiatica)は、既に言及した名前に加え、pennywort、
Indian もしくはwater pennywort、marsh penny、积(のぎへんに只)雪草、talepetrako
など、60 以上もの名前を持つ。スリランカのシンハラ語でツボクサ(ゴツコラ)はカップ型の葉を
意味する。スリランカ人は、長寿で知られるゾウたちがこの植物を食べるのに着目し、
寿命を伸ばそうと毎日葉を数枚食べ始めた。ゴツコラの歴史上の記録としては、神農本
草経(約1〜2世紀)に言及がある。伝えられるところによると、197 歳(他説による
と256 歳もしくは265 歳)まで生きたと信じられている中国の医師、李青曇が常用し
ていたため、「奇跡の不老不死薬」の一つと呼ばれている。

出典:American Botanical Council

コメントする

名前

URL

コメント

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ