ツボクサ

ツボクサの分布

ツボクサは水田の畦や耕作地周辺の湿った場所、溜池畔などに生育する多年草です。
茎は円柱形で横に長く這い、節から発根して定着する。
葉は直立し、1~4個でて、楕円形または腎形で径2~5cm、低い鋸歯があり、若いものにはまばらに軟毛がある。
葉柄は長さ4~20cmで細く、基部は広がって鞘状になる。
花序は茎の節から1~2個でて、花柄は短く、暗紫色を帯びた小花2~5個からなり、小花柄はほとんどなく2個の膜質の総苞片がある。分布:本州(新潟県以南)、四国、九州、沖縄 ・ 南北アメリカを除く暖帯~熱帯に広く分布しています。

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ