モリンガ

モリンガの料理

ワサビノキには、その地域全体を通じて様々な料理方法がある。それは缶詰によって保存されたり、輸出されたりしている。 バングラデシュでは、ココナッツケシの実、マスタードと混ぜて様々なカレーが作られている。また、ドラムスティックを余分な処理や調理をせずに、適度な柔らかさになるまで煮ている。カツレツや他の料理に味を追加するために使用されるが、それはカレーやサンバー、コルマ、ダールでも使用されている。若い種子を含むドラムスティックの果肉は、スープに使用される。若い葉は、エビと炒めたり、魚のスープのトッピングとして使われたりしている。ダムラムとして知られているワサビノキの葉を使用した、コルコ(混合野菜スープ)などの伝統的なカンボジア料理もある。

好まれている野菜なので、カンボジアでは伝統的に彼らの住居の近くにワサビノキを育てていまる。南インドやスリランカ、ジャバでは、様々なサンバーを調理するために使用されたり、揚げたり、ココナッツやケシの実、マスタードと混ぜ合わせてカレーを作ったりする。マハーラーシュトラ州では、鞘は甘酸っぱいカレーに使用されている。また、グジャラート州ラジャスタン州では、鞘をスパイシーなカレーを調理するのに使用されている。細かく刻んだ柔らかいドラムスティックの葉は、野菜料理やサラダに添えて使用されている。また、コリアンダーの代わりに、あるいは一緒に使用されている。一部の地域では、花を集めて、ベサンと共に調理してパコラを作っている。 葉は乾燥したマグロフライチップ(モルディブ魚)やタマネギ、乾燥した唐辛子と共に炒めたり、混ぜ合わせたりする。これはサンバルと同様に、ご飯とカレーと一緒に食べる。モルディブのある地域では、ワサビノキの葉や米を使ってスープが作られており、特に、ラマダン期間中では、朝食で食べられている。また、オムレツに一般的に使われる材料です。鞘はマイルドなカレーを調理するのに使用されている。

インドとパキスタンのパンジャブ地方では、ソニャーナの花と呼ばれるワサビノキは、まず、茎から分離し、煮て、潰して、調理される。凝固させることは、特定の味や好きな料理を作るためにそのレシピの重要な要素である。緑の鞘や葉、花は、カレーや、炒め物、スープ、オムレツ、サラダなどの様々なタイ料理に使用されている。最も伝統的な料理の一つは、ドラムスティック鞘と魚で作った酸味味のタイカレーである。フィリピンでは、カムンガイ、マルンガイまたはマルンガイとして知られているワサビノキの葉は、一般的にシンプルなスープとして出汁に加えられる。葉はまた、典型的なチノラの成分として、また、鶏肉出汁やワサビノキの葉、緑のパパイヤか他の野菜のいずれを使って、伝統的な鶏肉料理に利用される。またはウータンとして知られているすべての野菜料理で使用することができる。葉はまた、フィリピン料理の場面で人気となっている、ペスト風のパスタソース用にオリーブオイルと塩を使って料理される。モリンガジュースは、レモンシトジュースと混ぜて、アイスキャンデーや冷たい飲み物を作る。

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ