長命草

ボタンボウフウの名前の由来

葉が牡丹ににているからボタンボウフウと呼ばれているようでビタミンやカロチンが豊富で、強壮作用があり江戸時代には根を朝鮮人参の代わりに使いました。島では葉を食用・薬用にする。喘息をはじめ、腎臓病・肝臓病・高血圧・リウマチなど万病に効くと言われ、この草を一株食べると一日長生きすると言われたことから長命草(チョーミグサ)と呼ばれいました。

~日々のしまだより~




伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを専門に栽培しています。(ツボクサ,ホーリーバジル他)
店長日記はこちら >>

日本ホリスティック協会法人会員

ツボクサ,ゴツコラ

ホリスティック医学を広めています。

各ショッピングモールからも購入できます。






ストレス適応力を高めるハーブ

ホーリバジル

アーユヴェーダハーブの知恵

医学的にも注目されている瞑想/座禅。

アーユルヴェーダハーブ

アールヴェーダとは

ツボクサ

モリンガ

ホーリーバジル

長命草

業務用卸について

農園案内

サルノコシカケ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

大島町

ページトップへ