~日々のしまだより~

瞑想による認知症の治療

本日、ご紹介する記事はベス・イスラエル・ディアコネス医療センターの研究結果です。

瞑想やヨガによってストレスを軽減させる療法を行った人は、脳の記憶をつかさどる部分の働きが活発になることがわかりました。これはアルツハイマーなどの認知症の予防、抑制に効果的だと考えられます。

ベス・イスラエル・ディアコネス医療センターの研究で、瞑想が認知症の予防や抑制に役立ちそうなことが分かりました。瞑想が脳の機能を変化させることは過去の研究でも実証されていますが、そのメカニズムについてはまだあまり解明されていません。

研究チームは、55歳から90歳までの大人を対象に調査を行いました。この中には、軽度の認知症の人も少数含まれています。

被験者は2つのグループに分かれ、一方は何もせず、もう一方のグループは週に2時間程度の瞑想・ヨガのレッスン、丸1日のサティ(仏教の瞑想スキルの1つ)と、毎日15~30分の自宅での瞑想を8週間行いました。

この前後にMRIで脳のスキャンを取り、比較してみたところ、「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」と「海馬」に変化があることが分かりました。

DMNとは、安静状態での脳の神経回路の働きで、過去を思い出したり、未来を思い描くといった活動にかかわることが分かっています。

海馬は感情、学習、記憶をつかさどることで知られ、アルツハイマー患者はこの部分が縮小したり、この周辺に原因物質が蓄積することが明らかになっています。また、過去の研究でも瞑想によって海馬が活性化することが分かっています。

つまり、瞑想を取り入れることで、DMNや海馬を活性化させ、記憶障害や認知障害を防止できるのでは、というのが研究チームの分析。確かに、効果がありそうな気はしますね。

ただ、瞑想によって急に記憶力がアップするのかというと、そう簡単にはいかないようです。今回の研究には記憶力テストも含まれていましたが、瞑想によって記憶能力も向上したという結果は見られませんでした。

アルツハイマーを含む認知症には、残念ながら決定的な治療法が存在しないのが現状。東洋医学と西洋医学の融合で、新たな治療の可能性が見つかるといいですね!

参考:Stress Reduction Through Meditation May Aid in Slowing the Progression of Alzheimer’s Disease
http://www.newswise.com/outlines/stress-reduction-through-meditation-may-aid-in-slowing-the-progression-of-alzheimer-s-disease

~当園のツボクサはアーユルヴェーダではブラフミーと呼ばれ瞑想に使われている素晴らしい植物です~

     「ツボクサとはなんだろう?」

   伝説の瞑想者ラマナ・マハリシ

  マタハリ

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年末年始休暇

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

おすすめ商品

枇杷の葉お風呂(枇杷の葉温灸にも)

¥3,580(税込)

癒しの自然力を体感。伊豆大島産御神火ビワの葉入浴剤で、日々の疲れを洗い流し、穏やかなリラクゼーションを。自然由来の温もりで、心も体もほぐれる至福のバスタイムを。

ページトップへ