伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを栽培し直販しています。

ツボクサ

ツボクサ(ゴツコラ)のチンキ

ツボクサ(ゴツコラ)チンキの作り方


(1)ツボクサ(ゴツコラを作るための「漬け込みビン」をよく洗浄します。


洗浄があまいとよいチンキを作ることが難しくなるのでしっかりと洗浄して下さい。基本はアルコール消毒です。

(2)漬け込みビンに、乾燥ツボクサ(ゴツコラ)を入れます。
乾燥ツボクサ(ゴツコラ)がアルコールを吸い込み、膨らむので 分量はビンの8分目あたりまでにして下さい
ツボクサ(ゴツコラ)を入れます。


(3)ツボクサ(ゴツコラ)「ひたひた」になる程度まで、アルコールを注ぎ、ビンの蓋をしめます。
ツボクサ(ゴツコラ)がアルコールの水面より上に出ないように注意が必要です。

直射日光が当たらないところに保管しておきます。


(4)一日たったらツボクサ(ゴツコラ)がアルコールの水面よりも上に出なていないことを確認します。
もし、ツボクサ(ゴツコラ)がアルコール水面よりも出ていた場合、少しずつアルコールを加えます。
同じように、ツボクサ(ゴツコラ)とアルコールの量を数日間確認します。


(5)約2~3ヶ月間、直射日光が当たらないところに保管します。
保管中にアルコールが揮発しないように、しっかりと蓋をします。


(6)ツボクサ(ゴツコラ)の成分が十分抽出されたところで、コーヒーなどので濾して下さい。

これで、ツボクサ(ゴツコラ)の出来上がります。


作成したツボクサ(ゴツコラ)のチンキ保存期間は約1年間です。


【ツボクサ(ゴツコラ)チンキの使い方】
ツボクサ(ゴツコラ)チンキは、漬け込んだハーブによって様々な使い方ができます。

・ハーブティーに数滴入れる。
・オイルで希釈して使用する。
・手作り石鹸に加える。
・お肌の木になる所につける。
・浴槽に数滴入れる。


大島町

ページトップへ