伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを栽培し直販しています。

長命草

長命草の成分、クロロゲン酸

食物に含まれる 「脂肪」 は、胃・十二指腸を経て、小腸に入ります。そこで、「脂肪」は分解されて 血管に入り、体内の各組織に送られます。
体内での脂肪燃焼に深く関わっているのが、肝臓や筋肉の細胞内にある燃焼器官 「ミトコンドリア」。
「脂質」は、ミトコンドリアにある酵素のはたらきで燃焼し、エネルギーに変換されます。
長命草の成分のクロロゲン酸は、このミトコンドリアにはたらきかけて脂肪の取り込みを促進。「脂質」は 効率よく燃焼します。

大島町

ページトップへ