伊豆大島でアーユルヴェーダハーブを栽培し直販しています。

長命草

ボタンボウフウの名前の由来

葉が牡丹ににているからボタンボウフウと呼ばれているようでビタミンやカロチンが豊富で、強壮作用があり江戸時代には根を朝鮮人参の代わりに使いました。島では葉を食用・薬用にする。喘息をはじめ、腎臓病・肝臓病・高血圧・リウマチなど万病に効くと言われ、この草を一株食べると一日長生きすると言われたことから長命草(チョーミグサ)と呼ばれいました。

商品の説明が入ります商品の説明が入ります商品の説明が入ります

商品の説明が入ります商品の説明が入ります商品の説明が入ります

商品の説明が入ります商品の説明が入ります商品の説明が入ります

商品の説明が入ります商品の説明が入ります商品の説明が入ります

大島町

各ショッピングモール
からも購入できます

  • 楽天
  • amazon
  • yahooショッピング

ページトップへ